なんとか家計を抑えたいお⺟さんのために
愛着のある学⽣服をバトンタッチする
幸せのサイクルをお⼿伝いするのが
わたしたち、さくらやです

滋賀県彦根市

090-5463-2291

ただいま予約制で営業中です!  店舗買取、出張買取やってます! 買取品目は幼、保、小、中、高の学生服、体操服、指定カバン、指定帽子、子供用フォーマルスーツ。 卒業から5年以内の汚れや破れ、カビ跡の無いものです。ランドセルの寄付も受け付けています。メール・LINE・電話でお気軽にご連絡ください! sakuraya.hikone@gmail.com

営業カレンダー

タップで開く

2022年 1月

≪前月 | 次月≫

1 休業日 2 休業日
3 休業日 4 休業日 5 休業日 6 休業日 7 予約営業中 13:00〜17:00 8 9 なんでかしんどい女子会開催
10 休業日 11 12 予約営業中 13:00〜17:00 13 14 予約営業中 13:00〜17:00 15 予約営業中 16
17 予約営業中 13:00〜17:00 18 19 なんでかしんどい女子会開催 予約営業中 13:00~17:00 20 21 予約営業中 13:00〜17:00 22 23
24 予約営業中 13:00〜17:00 25 26 予約営業中 13:00〜17:00 27 28 予約営業中 13:00〜17:00 29 予約営業中 30
31 予約営業中 13:00〜17:00

2022年 1月

≪前月 | 次月≫

1 (土)

  休業日

2 (日)

  休業日

3 (月)

  休業日

4 (火)

  休業日

5 (水)

  休業日

6 (木)

  休業日

7 (金)

  予約営業中 13:00〜17:00

8 (土)

   

9 (日)

  なんでかしんどい女子会開催

10 (月)

  休業日

11 (火)

   

12 (水)

  予約営業中 13:00〜17:00

13 (木)

   

14 (金)

  予約営業中 13:00〜17:00

15 (土)

  予約営業中

16 (日)

   

17 (月)

  予約営業中 13:00〜17:00

18 (火)

   

19 (水)

予約営業中 13:00~17:00 なんでかしんどい女子会開催

20 (木)

   

21 (金)

  予約営業中 13:00〜17:00

22 (土)

   

23 (日)

   

24 (月)

  予約営業中 13:00〜17:00

25 (火)

   

26 (水)

  予約営業中 13:00〜17:00

27 (木)

   

28 (金)

  予約営業中 13:00〜17:00

29 (土)

  予約営業中

30 (日)

   

31 (月)

  予約営業中 13:00〜17:00

私にとっての働きやすさ

こんにちは。さくらや彦根店(娘)です!

以前のブログの投稿で《彦根店プロローグ》として、娘の方の過去の話を少しさせてもらいました。
そんな娘、今もさくらやをしてはいますが、同時に病気で闘病中でもあります。

そんな私が《さくらや》を何故やりたかったのかというと、過去の事ももちろんですが、さくらやの「はたらきやすさ」が大きく関係しています。



さくらやは小さなお子さんを持つお母さんでも働きやすいよう、週3回の営業を基本としています。
これが私にとって、すごく有難いことでした。

私は薬と副作用などの影響で、どうしても睡眠時間が長く、朝決まった時間に起きることがとても難しいです。

でもさくらやの営業形態なら、週3日開けることができたら、開店時間は自由・無理に毎日働かなくても自分のペースで働ける、という環境での仕事ができます。

母とふたりいることから、分担もできます。これがすごく有難いんです。



他に私の病気の特徴として、生活しているだけでもすぐに疲れてしまう、疲れやすさがあります。
疲れやすいというのは、単純に体力の話だけではありません。色んな情報を受け取りすぎて、心も疲れてしまうことが多いです(耳が過敏になる聴覚過敏に私はなりやすいです)。

色んなことから疲れやすい体質になってしまったので、さくらやのように《営業時間を絞って集中できる》こともありがたい要素でした。



さくらやをやってみない?とまず言ってくれたのは、母の方からでした。
TVで紹介されたさくらやをみて、《これなら娘とできる!》《娘のやりがい・いきがいができる!》と思ってくれたみたいです。

まさにその通りで、今こうして私にも社会的に立場ができて、毎日忙しかったり辛かったりすることがあっても働けていて、それが一番幸せです。

ずっと引きこもっていたり、社会的な立場がないまま過ごすのは、私にとってはとても辛いことです。今こうしてさくらやの一員として働けて、私はとても嬉しいです。

これからもっともっと、母に負けず頑張っていきます!

最近ブログ更新できていなかったので、少し自分の話でした。

―――

p.s.
さくらやメールアドレス、1タップで直接入力画面に飛べるようにしました。
メールでのご用がある方は、ぜひ下の青文字をタップしてみてくださいね!
sakuraya.hikone@gmail.com